独立を考えているエンジニアにとって、クレジットカードを持つことは非常に重要な準備の一つである。なぜなら、独立後には収入が不安定になることが多く、それがクレジットカードの審査に影響を与えるためだ。

まず、独立前のエンジニアは定職に就いているため、安定した収入があるとみなされる。この状態では、クレジットカードの審査が通りやすい。クレジットカード会社は、収入が安定していることを信用の基準としているため、現職中にカードを作っておくことが賢明だ。一方で、独立後は毎月の収入が変動しやすく、審査が厳しくなる場合が多い。収入の不安定さがクレジットカード会社にとってリスクと判断されるからである。

また、クレジットカードはビジネスを円滑に進めるための強力なツールである。例えば、必要なソフトウェアやハードウェアの購入、出張費用、広告費用など、様々な支払いに利用できる。現金が手元にない時でもクレジットカードを使えば、必要な投資を迅速に行うことが可能だ。また、支払いをクレジットカードで一括管理することで、経費の管理も簡単になる。家計とビジネスの経費を明確に分けることができ、税務申告などでも役立つだろう。さらに、クレジットカードをうまく活用することで、ポイントやキャッシュバックなどの特典を受けることも可能だ。これらの特典を活用すれば、経費を節約することもできる。特にスタートアップ時には資金の使い方が厳しくなるため、少しでも節約できる方法を見つけることは重要だ。